ガラスの靴プロジェクト PCメインビジュアル ガラスの靴プロジェクト SPメインビジュアル
ウェディングドレスで綺麗な写真を撮ろう ウェディングドレスで綺麗な写真を撮ろう

ガラスの靴プロジェクトはあなたに魔法をかけます。

私たちは障害をお持ちの方や、社会的に障壁を感じているマイノリティの方々に対し、美容を通じて、一生の思い出、美へのきっかけづくり、そして社会参加への意欲の促進を目的としています。

ストーリー

~プロジェクトの背景~

1枚の写真が心を動かす。

「ウェディングで綺麗な写真を撮ろう」その日を目標に、美容スタッフと細かい打ち合わせをしたり、衣装の写真を見たり、鏡を見る機会が増えたり、どの角度がかわいく写るか探してみたり・・・
ガラスの靴プロジェクトに申込し込みをした時から、美しいシンデレラのようになれる喜びや、わくわくすること、ドキドキすること、様々な心の動きとともに新しい自分に出会えます。
そのすべてが大切な瞬間であり、たくさんの愛情と想いと願いが込められています。
ストーリー

これは重い障がいを持つ子供さんを持つお母さんから聞いた言葉です。
障がいを持つ子供とその家族は【生きる】ための生活が最優先され、記念写真を撮る機会や、晴れ着を着る経験が少ないことを知りました。

そこで私たちは、2009年障害がある方をモデルにしたファッションショーを手掛けることになりました。「ウェディングドレスを着て、おしゃれをする喜び」を障がいを持つ方々へ届ける活動を行いました。

はじめは困惑されるものの、仕上がりを鏡で見たご本人の嬉しそうな顔に、ご家族や周りの方達が「もっとおしゃれをしたい」というご本人の想いに気づかされる事があります。
そして、家族の皆さんも自然と笑顔になり涙を流す方もいらっしゃいました。
どんな障壁が理由であっても‘きれいになりたい’を諦めないでほしいと思いました。

今、私たちに出来ることは、福祉の世界で美容をしているという経験を活かして、安心してきれいになれる事へのお手伝いをさせていただくことだと強く感じています。

私たちの役割

~プロジェクトが目指すもの~

私たちは、障がいの特性に配慮し、スペシャルニーズに寄り添い、安心できる空間、楽しい瞬間を創り、ご希望の場所やテーマに合わせて、本格的な写真撮影を届けます。

「ウェディングで綺麗な写真を撮ろう」その日を目標に、美容スタッフと細かい打ち合わせをしたり、衣装の写真を見たり、鏡を見る機会が増えたり、どの角度がかわいく写るか探してみたり・・・

ガラスの靴プロジェクトに申込し込みをした時から、美しいシンデレラのようになれる喜びや、わくわくすること、ドキドキすること、様々な心の動きとともに新しい自分に出会えます。
そのすべてが大切な瞬間であり、たくさんの愛情と想いと願いが込められています。

プロジェクトの役割1

私たちが目指すものは「はいチーズ」と撮影するだけの記念写真ではありません。

撮影体験を通じて得られる心に動き、おしゃれへのきっかけ、オンリーワンの家族らしさを感じられる特別な瞬間を写真に残します。そして時を経て、その写真を見て蘇る思い出やそこで生まれた会話、コミュニケーションこそが、ガラスの靴プロジェクトとして、解けることのない魔法であり、心に残るストーリーとしていつまでも皆さんの中で生き続けることを願っています。

プロジェクトの役割2
またサロン・ド・リールはこのプロジェクトに就労継続支援事業として参加するため、全売り上げの一部(リールとしての売上の全て)は、ハンデを抱えて、毎日一生懸命働いている、利用者スタッフのお給料として支払われるものです。

撮影場所について

撮影場所については、今般の状況も鑑みて、有明浜と一宮公園での撮影を想定しています。
詳しくはお申し込み時にご相談ください。

有明浜

2kmにわたって白い砂浜が続く遠浅の海岸「有明浜」。
季節や時間により様々な表情を見ることができます。
特に美しいとされるのは、夕陽が燧灘に沈む様子で、その美しさは言葉にできないほどです。

有明浜

一の宮公園

「恋人の聖地」に認定されている一の宮公園。
芝生広場には「一の宮ドリームタワー」があり、この鐘をならすと、幸せになれるといわれています。
また、イサム・ノグチがデザインした遊具彫刻が設置してあり、おしゃれな公園としても人気があります。

一の宮公園

スケジュール

~お申込から撮影・納品までの流れ~

新しい自分の発見を形にしてみませんか?

どうすればいいの?と、気になることがたくさんあると思います。
まずはこちらからどうぞ。

スケジュール

1. お問い合わせ・ご予約

ご興味がある方はまず、こちらからお気軽にお問合せ下さい。

2. 要綱・注意事項を確認

当日楽しんで撮影できるようにお願いしたい、大切な内容をご確認いただきます。

ガイドライン・注意事項をご確認ください。

3. 申込書への記入

衣装、メイク、ヘアスタイル等を決めて頂きます。ご自分で用意した衣装を着たい等ご希望がございましたら、ご記入ください。必要があれば電話、やメールでの対応も可能です。

あらかじめお申込書をダウンロードの上、ご確認・ご記入願います。

4. 撮影前日の最終打ち合わせ

撮影の最終確認と、当日のスケジュールをご説明、ご確認いただきます。

5. 撮影日

ヘアメイク。美容のプロが全力で仕上げます。どんどん素敵になっていくと自然と笑顔がこぼれます。お時間としては1時間~1時間30分程度です。

撮影場所まで移動。専用車両で現地まで移動します。スタッフがしっかりサポートいたします。

撮影。プロのカメラマンが、最高の一瞬をカメラに収めます。時間は30分~1時間程度です。

撮影日

6. 納品

撮影後1ヶ月以内に宅配便にて、ご自宅までアルバムをお届けいたします。

納品

チームメンバーの紹介

皆さん、こんにちは。ガラスの靴プロジェクトのメンバー紹介をさせて頂きます。

毛利和枝

毛利和枝

プロデューサー&ユニバーサルドレッサー

高校時代に調理師免許・美容師免許を取得。その後、山野愛子美容芸術短期大学に進学。卒業と同時に当短期大学で2年間教員を務め、香川に帰郷する。全日空ホテルクレメントでは、婚礼の美容師として、スタイリスト&着付け師&エステティシャン業務で10年間活躍した。福祉の仕事に興味を持ち、社会福祉主事の資格を取得。高松市子育て支援課で2年間専門職を務めた経験もある。

石川史高

石川史高

フォトグラファー

1979年6月18日生まれ。創業80年の貸衣装業を本業とする家業を幼少期より近くで見ることによってサービス業に興味を持ち東京で学生時代を過ごす。学生時代にハワイ留学を経験した際、浜辺でナチュラルな撮影をしていた場面に触れ、撮影に興味を持つ。商社勤務を経て、家業を継ぐ為に地元観音寺に戻り、本格的に写真事業をスタートさせる。現在、赤ちゃんから大人まで、ありとあらゆるセレモニーやシーンを撮影するフォトグラファーとして活躍している。

大西祐子

大西祐子

ヘアメイクアーティスト

1978年5月30日生まれの広島県育ち。岡山市内でトップスタイリストとして活躍し、結婚・出産を期に香川県に移り住む。うどん製造工場で統括課長を務め、再び人との関わりや、美容師として自分にできることとは何かを考える。その時、理事長である毛利公一の講演を聞き感銘を受け、福祉の世界へ入職。現在、社会福祉主事の資格を取得し、就労継続支援A型事業所リールで美容師兼、職業指導員として勤務している。

今井理絵子

今井理絵子

ヘアメイクアーティスト&PRマネージャー

1981年8月22日生まれ。美容師、介護福祉士として瀬戸内海の島々を訪問美容で巡り、高齢者の方々に笑顔を届ける活動を経て、社会福祉法人ラーフに入職。現在は就労継続支援A型事業所リールで、美容師兼職業指導員として勤務している。

中野真司

中野真司

アシスタントプロデューサー

みんなに笑顔を!がモットー。1984年3月6日生まれ。香川県三豊市在住。2012年に障がい者福祉の扉を叩き、社会福祉法人ラーフに入職。現在は就労継続支援A型事業所、短期入所事業を行っているリールで施設長として勤務している。

毛利公一

毛利公一

アドバイザー

常に前向き、常に前進している挑壁者の毛利公一。1981年5月29日生まれ。香川県観音寺市在住。身体は首から下は動かないが、社会福祉法人ラーフの理事長として就労支援や居宅訪問介護事業に取り組んでいる。2014年に青年版国民栄誉賞と言われる人間力大賞を受賞。講演活動や執筆活動を、福祉コンサルタント等も行っている。

料金について

¥150,000~ ¥30,000(7名様限定)

現在キャンペーン中につき、限定7名様まで¥30,000 と大変お得になっております。
定員に達し次第キャンペーン終了となりますので、お早めにお申し込みください。( 2021年3月31日まで )

 

支援団体

NHK 厚生文化事業団

このプロジェクトは【NHK 厚生文化事業団】のご支援を頂いております。

 

協力団体・企業

社会福祉法人ラーフ
ウエディングネーブルイシカワ

主催

いいSMILE実行委員会

お問い合わせ・お申込

お気軽にお問い合わせください。

ご興味がある方はまず、下記の連絡先からお気軽にお問合せ下さい。

社会福祉法人ラーフ 
リール内
「サロン・ド・リール」

住 所:

〒768-0040 香川県観音寺市柞田町丙1060番1

電 話:

メール:

休業日:

毎週日・月・年末年始(12月30日~1月3日)